なんやかんやでエディタ宗旨変え

いろいろあって転職を思案中。持病持ち・身障者オッサンの転職は正直厳しく難しい。後片付けしながら就活するか、雇用保険もらいながらダラダラとやるか・・・。年度内で一区切りしようと思っているけど、どっちにしろメンドっちーなー。

そんなことはともかく。。。

10数年以上、テキストエディタはxyzzyを使っていました。
なんの不満もなく、僕的には最強のエディタだと、自分に言い聞かせ(^^;使っていました。ここ最近は Linuxなどの非WindowsなOSをいじることが多くなって、そういう時は操作感が非常に似通っているEmacsを、と使い分けていたのですが・・・Emacsを使えないサーバーが多々あり、やむなく 端末上で vim を使う練習・・・というか修行をここ1年ほどしてました。

最近・・・xyzzy で CTRL-N,CTRL-P,CTRL-B,CTRL-F でカーソル移動するところを・・・気付けば J,K,H,L と、打ち間違うことが多発 トホホ(笑)

で!、なんの気なしに『Windows版のGUIなvim ってあるのかな・・・?』と探している自分が居まして・・・、Kaoriya版のWindows向けvimをインストールして、まずはシェルスクリプトを編集するときだけ、gvim を極たまに使っておりました。
この頃はまだ、xyzzy 最強ー、と思ってました。vimってやっぱ、使いにくい!!! なんだ、あの、ノーマルモードやら挿入モードやらコマンドモードやらを行ったり来たりめんどくせーーーー、って。

でも、amazonで買ったkindle版の解説本で紹介されていた、vim-surroundというプラグインを知り、このプラグイン、すげー、カッコやら引用符やら、波カッコの挿入、変更、削除が一発でできるやん!!!ってことにコロッと一目ぼれして、気づけば、ソースコードファイルの拡張子をレジストリいじって gvim に関連付けしてた(ーー;

僕的に↓良書。

でもWindows版 だと外部コマンド実行の時、コンソールウィンドウが開いてダサーーってなる。
んー、まぁ、このダサさもWindowsの味なんで・・・(^^;

あと、エディタで使うフォントでしっくりくるものが未だに見つからない。

それに英語配列以外のキーボードだと激しく使いづらい。。。まぁこれは慣れの問題だけども。

それと、vim使ってない時の他のアプリでテキスト入力するとき時で、入力が終わった後なんでもかんでもCTRL-[ をタイプしてしまうという謎の癖がついてしまった・・・orz