gvim(+kaoriya) + WSL Part2

:prev
この前のつづきです。

シェルをWSL(ubuntu bash)にすることで、:terminalの他、外部コマンド実行(“!” から始まるやつ)をWSL内で完結することができました。
が、ただ一点、:terminal {command} にする場合、:terminal bash -c '{command}' としないとエラーになってしまうので、これが不満。

そこで、Wslterm というユーザー定義のコマンドを _gvimrc に追加することで、ラクしよう、と、こういうわけです(^^;
ヘルプを斜め読みしてとりあえず関数とコマンドの定義の仕方を最低限覚えて、以下の記述に辿り着く。
ほんとはもっとスマートなやり方があるんだと思いますが・・・素人の思いつきです。。。

" terminal の WSLラッパー コマンド (かなり修正:2018/7/13 0:02)
" ・・・なんかトンチカンなことをやってる気がしてきた・・・
" append to ~/_gvimrc 
set shellslash
set shell=C:/WINDOWS/system32/bash.exe
set shellcmdflag=-c
set shellquote=\"
set shellxescape=
set shellxquote=

function! Wslterms(c,f,l,...)
  let cmdline = []
  let option = []
  let i = 0
  while i < a:0
    if stridx(a:000[i],'++') == 0
      call add(l:option,a:000[i])
    else
      call add(l:cmdline,a:000[i])
    endif
    let i += 1
  endwhile
  let l:options = len(l:option) ? join(l:option," ")." " : ""
  let l:cmd = "terminal " . l:options

  if len(l:cmdline) > 0
    let l:cmd = printf("%s%s %s %s",l:cmd,&shell,&shellcmdflag,shellescape(join(l:cmdline," ")))
  endif

  if a:c 
    let l:cmd = join([a:f,a:l],",") . l:cmd
  endif

  execute(l:cmd)
endfunction
command! -nargs=+ -complete=file -range=0 Wslterm call Wslterms(<count>,<line1>,<line2>,<f-args>) 

これで、:Wslterm perl %とか、’<,'>Wslterm hogehoge とかやると、bash -c をつけて簡易的に :terminalの真似ができました(^^;; おまけで、gvimのterminalの中で、WSL(ubuntu)内のvimでファイルを編集(左)とかできちゃう!w

ただ、vim自体操作は慣れてきたとはいえ、まだよく分かっていないのでこういうアプローチでいいのか、よく分かんないです。またvimスクリプトの本でも買って勉強しよ。

gvim(+kaoriya) + WSL

ちょっと躓いたので、備忘録。

gvim(+Kaoriya)で特に何も設定しないと、シェルは cmd.exe が使われますよね。8.1から:terminalが使えるようになったので、とりあえず %USERPROFILE%\_gvimrc に 以下の記述をつけてシェルをWSLのbashにしました・・・。

set shell=C:\WINDOWS\System32\bash.exe

一瞬だけ自己満に浸ってしまいましたが・・・コマンドラインモードで次を実行すると・・・

:r !date

テンポラリファイルがオープンできない旨のエラーが出て撃沈。

困ったときのグーグル先生で検索するも探し方が悪いのか解決できない。基本に立ち戻り、vimのヘルプを参照(^^; ( :help options )

shell を変更する場合は、shellcmdflag,shellquote,shellxquote等も変更してね・・・ということらしい。
はじめからこちらを見てれば問題なかった・・・。
ヘルプのとおりに以下のように設定すると、問題なくでけた!

set shell=C:\WINDOWS\System32\bash.exe
set shellcmdflag=-c
set shellquote=\"
set shellxescape=
set shellxquote=

※修正:shellxquoteを空にすると perl のファイルを開く時に ftplugin/perl.vim で標準入力待ちになって帰ってこなくなったので、よくわからないけど 引用符をいれたらなんか治った・・・よくわからん。まぁいいや。
※修正の修正:shellxquoteを設定したら今度は !command が動かなくなった・・・ということで戻す・・・。該当ファイル(ftplugin/perl.vim)を見たら perlpath = system('perl -e "join ....");の部分で perlpath を設定しているみたいなので、仕方ないので _gvimrc に let g:perlpath = “ほにゃららら” とかでお茶を濁して切り抜けた。

紆余曲折がありましたが・・・:terminal のおかげで、なかなかスマートに事を為しとげることができ、いとをかし。。。

スクリプトをせっせと書きつつ、コード片を スクリプトに流し込み、動作確認、CTRL-W N で端末ノーマルモードに移行しコピって、スクリプトにペーストとかもうキーボードから手を放さず全部できちゃう!

今までのようにコンソール画面をマウスでチマチマ選択しながらコピペ・・・とかもうおさらばさ!もうWindowsはダサいとか言わせないぜ!・・・・とかいいつつ、使ってるツール、環境は全部Linux由来なんだけど・・・(^^;;; WSLのおかげで、gvimの端末からフツーのWindowsアプリも起動できるし、いうことなし。\(^o^)/。

ただ、一点惜しむらくは、:term command とすると、当然環境変数PATHからcommandを探そうとします。これを WSL の中で行わせるには、:term bash -c command とかやらないと無理っぽい。この “bash -c “っていうのはイチイチ打つのはメンドイ。しかし、初心者のおいらにはこれまた解決方法が分からず、一向に初心者からなかなか抜け出せないな・・・。

:continue
つづきは part2で

なんやかんやでエディタ宗旨変え

いろいろあって転職を思案中。持病持ち・身障者オッサンの転職は正直厳しく難しい。後片付けしながら就活するか、雇用保険もらいながらダラダラとやるか・・・。年度内で一区切りしようと思っているけど、どっちにしろメンドっちーなー。

そんなことはともかく。。。

10数年以上、テキストエディタはxyzzyを使っていました。
なんの不満もなく、僕的には最強のエディタだと、自分に言い聞かせ(^^;使っていました。ここ最近は Linuxなどの非WindowsなOSをいじることが多くなって、そういう時は操作感が非常に似通っているEmacsを、と使い分けていたのですが・・・Emacsを使えないサーバーが多々あり、やむなく 端末上で vim を使う練習・・・というか修行をここ1年ほどしてました。

最近・・・xyzzy で CTRL-N,CTRL-P,CTRL-B,CTRL-F でカーソル移動するところを・・・気付けば J,K,H,L と、打ち間違うことが多発 トホホ(笑)

で!、なんの気なしに『Windows版のGUIなvim ってあるのかな・・・?』と探している自分が居まして・・・、Kaoriya版のWindows向けvimをインストールして、まずはシェルスクリプトを編集するときだけ、gvim を極たまに使っておりました。
この頃はまだ、xyzzy 最強ー、と思ってました。vimってやっぱ、使いにくい!!! なんだ、あの、ノーマルモードやら挿入モードやらコマンドモードやらを行ったり来たりめんどくせーーーー、って。

でも、amazonで買ったkindle版の解説本で紹介されていた、vim-surroundというプラグインを知り、このプラグイン、すげー、カッコやら引用符やら、波カッコの挿入、変更、削除が一発でできるやん!!!ってことにコロッと一目ぼれして、気づけば、ソースコードファイルの拡張子をレジストリいじって gvim に関連付けしてた(ーー;

僕的に↓良書。

でもWindows版 だと外部コマンド実行の時、コンソールウィンドウが開いてダサーーってなる。
んー、まぁ、このダサさもWindowsの味なんで・・・(^^;

あと、エディタで使うフォントでしっくりくるものが未だに見つからない。

それに英語配列以外のキーボードだと激しく使いづらい。。。まぁこれは慣れの問題だけども。

それと、vim使ってない時の他のアプリでテキスト入力するとき時で、入力が終わった後なんでもかんでもCTRL-[ をタイプしてしまうという謎の癖がついてしまった・・・orz