ブラウザでCSV(CP932)⇔XLSXの相互変換

極力サーバーサイドでExcelファイルを処理させたくなくて、(なんちゃって)フロントエンド開発をワチャワチャやっております。

データベースからデータを抜き出すのも、Excelファイルだし、データベースにインポートするデータもExcelファイルです。 もうエクセルを見るのも嫌になってます。

サーバーサイドのプログラムを組む時、データをJSONもしくはCSV形式で扱うと、書くのがラクになります。そこで、ブラウザ上で、CSVとXLSXを相互変換できれば便利だな、と思ったのがきっかけ。

例によって、node.jsモジュールを browserify でワンパッケージにして利用します。(バンドラーって呼ぶみたいです。よく分からん)今回は npmコマンドで exceljs・encoding.js・file-saver の三つのモジュールを取得して、browserify で一つのファイルにパックします。

exceljs は、Excel(xlsx)ファイルを扱うモジュール。ExcelファイルをJavaScriptで扱うライブラリは SheetJS が有名で xlsxだけじゃなくて旧型式のxlsファイルも読むことができて非常に便利なのですが、Pro版じゃないと制限が多いので、最近では ExcelJSの方を使っています。

encoding.js は JavaScript でUTF-8,ShiftJIS(CP932),UTF16などを相互に変換できるライブラリです。ShiftJISのCSVファイルを扱う時に使用します。

file-saverは・・・説明要らないですよね💦 ダウンロードできるようにするヤツです。


動作デモはこちら


手順はいつもどおり。
まずは、package.json 。

今回は 3つのモジュールを一つのファイル(bundle.min.js)にまとめて、実際に使用するときは、そのファイル内(bundle.min.js)に定義されているrequire関数でロードするようにします。

上記package.jsonを適当なディレクトリにおいて下記を実行して、bundle.min.js を生成しておきます。

>> npm install
>> npm run bundle

この bundle.min.js を下記のサンプルのHTMLファイルのように、scriptタグでロードしておきます。

そして・・・肝心の 変換コードは下記のようになります。

特筆すべき点はありませんが・・・encoding-japaneseモジュールで、ShiftJISに変換した後、ShiftJISに変換したものを保存するとき、単純 string型でBlobのコンストラクタに渡すと、再変換されて文字化けを起こしてしまいハマってしまいました。
イマイチあんまり分かってません。

CSVの行区切り、本来は・・・CRLF(0x0D0A)・・・ですよね・・・。workbookからCSVにするとき、worksheetを行毎にループして変換したあと、自前で join(‘\r\n’)とかすればいいんでしょうけど・・・。
workbook.csv.writeBuffer()する際、formatterOptionでrowDelimiterで改行コードを指定すればいいみたい。

フロントエンド、メンドクサイし、ムズカシイし、あんまりやりたくない。。。


動作デモはこちら


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください