簡易ISOファイル作成コマンド

これの続きです。

自分用のツールの置き場、備忘録として記録しています😅

CDやDVDのメディアからISOファイルを作成するのは結構カンタンにできました。
これで殆どやりたいことはできたのですが、やっぱりディレクトリからISOファイルを作るにはどうするんだろう??? という素朴な考えがでてきまして・・・
ググるとこれもWindowsで標準機能でできるようで・・・具体的にはイメージマスタリングAPIとしてCD/DVD等のファイルシステム作成からメディアへの書き込みまでの機能がCOMサーバーとして提供されているようです。COMサーバーで実装ってことは、WSHやC#から簡単に使える・・・ってことです。

サンプルのコードはもうマイクロソフトのコミュニティーサイトに載ってましたので、これを適当にいじって、任意のディレクトリをISOファイルにビルドできるコードを書いてみました。一つ前に書いたDVDメディアからISOファイルを作るコードも統合してみました。

イメージマスタリングAPIは.NET Frameworkのクラスライブラリで提供されておらず、C#から使用するには、TLBIMPコマンドを使用してタイプライブラリからCLRアセンブリに変換し、コンパイルするときにこのアセンブリを参照しないといけません。Visual Studio のIDE環境を使用する場合はプロジェクトにIMAPI2FS.dllの参照を追加するだけでいいかもしれません。
僕みたいにコンソール画面でカチャカチャする場合は・・・

>> tlbimp c:\WINDOWS\System32\imapi2fs.dll

のようにすると、同名のアセンブリ(dllファイル)ができるので、ソースコードをコンパイルするときに、このDLLファイルを /r オプションで追加します。

殆どサンプルコードをコピペしただけなので、特に特筆するところはありません・・・githubにリポジトリ作ろうと思ったけど、ファイル1個だけなんでgistにした。

一応、タイプライブラリのインポートもあるので nmake用の makefileも書く。

DVDメディアのダンプ

Windows7の環境が必要になり開発用のプロダクトキー?を発行してもらい、後はHyperV環境で仮想マシンを作ってインストールするだけ。
って思ってたら、罠が・・・HyperVで稼働しているマシンにDVDを読めるドライブがねぇよ。。。
DVDメディアからISOファイルを作れば・・・と思い、Windows10のアクセサリの中にISOファイルを作るアプリを一応探してみたけど当然なく・・・、WindowsってISOファイルからメディアに焼く機能はエクスプローラから呼び出せるのに、その反対ができない・・・。

むむむ、linuxとかだと、ddコマンドで一発なのに・・・WSLからddでDVDドライブのデバイスを指定して・・・ってできないのかなぁ・・・。

仕方ないので窓の杜でフリーソフトを漁るか・・・とも思いましたが・・・、単にドライブをオープンしてダンプすればエエだけやろ? ってことで、C#で書いた。C#からWindows APIをコールするところはマイクロソフトのサイトからコピペして、適当に。

要点は、Windows APIの CreateFile から返る SafeFileHandleをFileStreamに渡してバッファを介してコピーするだけ。
FileStream.CopyToAsyncメソッドを使えば一行で済むんだけど、やっぱり途中経過(進捗状況)は必要かなー、と思って無理やり FileStream.ReadAsync/WriteAsyncメソッドを使ったけど・・・。

ロック画面のスポットライト画像をコピーしてデスクトップにも流用させたい

ロック画面は何にしてますか?僕は設定でWindowsスポットライトにしてます。
これ、たぶんBingから定期的にダウンロードしてロック画面にスライドショー的に表示していると思うんだけど、なぜかログイン後のデスクトップの背景の設定でWindowsスポットライトの選択肢がないんですよねぇ。

Microsoft Storeで壁紙系のアプリを探せばたぶんあると思いますが、たぶんに要らん機能がくっついてきたり個人情報が抜かれたりと面倒なのでやっぱり自分でなんとかするのが基本です。そうです、信じられるのは唯一自分なのです(笑)

Windowsスポットライトで使用される画像ファイルは、
%LOCALAPPDATA%\Packages\Microsoft.Windows.ContentDeliveryManager_cw5n1h2txyewy\LocalState\Assets
に保存されているようです。拡張子がないので判別はできませんが、概ね400KB以上のファイルサイズのファイルが該当する画像で、任意のフォルダにコピーして拡張子.JPGでリネームすれば使いまわせます。ライセンスとか分からんが、どこぞに配布するわけではないので大丈夫でしょう。

定期的にピクチャフォルダにコピーすればいいんですが・・・いちいちフォルダ開いてファイルを選別してコピーしてリネームして・・・うわぁぁぁあーーーーーーん、超絶メンドクセーーーーーーー。
さらに、バックグラウンドでダウンロードされる画像ファイルには縦長と横長がごちゃまぜになっている。縦長の画像は不要なので、これも選別項目です。さらにメンドクサイ。

UNIX系のOSなら find コマンドやらimagemagickを駆使してシェルスクリプト化すればいいんですが・・・。
PowerShellを使えばできそうですけど、んーーーー、C#で組んだ方が早ぇよ。。。ということで、組んでみる。

ファイルサイズを判別するのは簡単で、JPEGファイルの高さと幅を取得するのがメンドクサそうですが・・・単純にSOFマーカーから取得することで手抜きします。完璧にしようとすると僕の知識では無理です。

github

どうしてもWindows10の起動サウンドを鳴らしたい

※ Windows 10 Professional 対象です。Windows 10 Home は使用したことがないのでわかんないす。


期限が迫っているのに、どーでもいいことが気になって時間食ってしまう💦
どーでもいいプログラムを書く時間です。

歴代のWindowsで一番気に入ってるスタートアップサウンドは、Windows2000とMe の時のピアノ音。あれが一番心地よい。まぁ人それぞれなんですが・・・

最近のWindowsって起動サウンドが鳴らないんですね・・・ググると Windows8ぐらいからデフォルトで無効にされているみたいですね。まぁ仕事場のパソコンは別にいいとして、家で使うPCぐらい鳴らしてもいいんじゃないすかねぇ。

で、そもそも コンパネのサウンドの設定で、起動時のサウンドを鳴らす設定が消されています。なんで?
これもググるとレジストリをいじることで有効になるみたいですが、結局はシステムにブロックされて起動サウンドは鳴らないみたいでつね。。。

しかたないので、タスクスケジューラに登録することにした。起動サウンドのWAVファイルは Windows2000のインストールCDから抜いた。ライセンス的に不味いかもしれん。が、別にばら撒くわけでもなし。

基本タスクを作成し、トリガーとして「ログイン時」を選択。次に登録するプログラムなんですが・・・Windows標準で、サウンドファイルを再生するコマンドはないみたいです・・・
これもググると Powershell のワンライナーがヒットします。。。というか、これしかヒットしません。
要点は・・・コマンドプロンプトで下記コマンドを打つだけ。

>> powershell -WindowStyle hidden -c (New-Object Media.SoundPlayer "wavファイルのパス").PlaySync();

このコマンドをそのままタスクスケジューラに登録してもいいんですが・・・コンソールウィンドウが立ち上がってしまいます。

なんか、すっげぇカッコ悪りぃ!

標準でできないならプログラムを組むしかない。 上記のコマンドラインは .NET Frameworkのクラスライブラリ System.Media.SoundPlayer のインスタンスを生成してサウンドファイルを渡すだけなので、C#でも数行で済みそうです。というわけで組んでみる・・・組むというレベルでもない。

主要部分は一行ですね(笑)
これを、-target:winexe 付きでビルドするとコンソールウィンドウなしのプログラムができるので、このプログラムを適当のフォルダに配置してサウンドファイルとともにタスクスケジューラに登録します。
c:\your\binary\path\playsound.exe logon.wav

やっとこさ、ログイン時に あの Windows2000 の心地よい起動サウンドが聞けるようになったとさ。おわり。

一応実行バイナリを置いておきますが、自己責任で。いかなる損害も補償は一切いたしません。あしからず。

WebClient派生クラスでのクッキー読み書きについて

Tweet image download agent で、致命的なエラーを放置してた件。
もともとファボったツイートの画像だけを自動ダウンロードするために書いたコード。最近はもともとの動機となった機能はほとんど使わず、ツイッター内で検索した画像を自動ダウンロードするために使っていたので、いつの間にかログインできない状態になっていて、それにも気づかず・・・。コメントで報告してもらって初めて気づいたという、お粗末さ(^^;;;

それはともかく、原因は、ログイン後のクッキーの取り扱い。それが雑だったという、二重のお粗末さ・・・。C#使いとしては失格ですえ。

何が原因なのか、VisualStudio2015のIDEでとりあえず、該当箇所をステップ実行してデバッグしてたら、HttpWebResponse.Cookies に セッションクッキーしかストアされていないことに、まず気付いた。要するに、サーバーから返されたレスポンスヘッダ Set-Cookie の Expires が設定されていないものだけが HttpWebResponse.Cookiesにストアされている・・・。

どゆこと?

いくら実行しても、セッションクッキーしか保存されない・・・。これじゃログインが成功してたとしても、だめだわ・・・。
ChromeのDevToolsでTwitterサイトへのログインのレスポンスヘッダーを眺めてたら、あれ? もしかして、Expires に記述されている日付書式のパースに失敗してんのかな???と、グーグル先生に聞いてみると、.NETのSet-Cookieヘッダのパーサーはバカだよ(超意訳)、みたいな投稿が StackOverflowに出てた。

ってなわけで、WebClient.GetWebResponseをオーバーライドして、

WebResponse.Headers[“Set-Cookie”] から自前でクッキーをパースして、CookieContainer.Add しちゃいなよ!

っていうアドバイスに従い、テキトーにパースして Add しちゃう、しちゃう。

でもなー、前はちゃんと動いてたのに・・・。やっぱり、Twitter が吐く Set-Cookieヘッダが変わったぐらいしか、原因が分からないすッ。

探せばもっとマトモなコードがあると思われるので後で探そう・・・とりあえず↓でヨシとする。(要点のみ)
※ すべてのコードは、https://osdn.jp/users/earlgreyx/pf/TwitterImageDownloadAgent/wiki/FrontPage