ごーごごー

Surface Go、社内販で買いました。Officeなし版を買うには会社で買うしかない、ということで仕事で使うという大義名分で(実際に仕事でも使うが)注文してもらいました(^^;

今はほとんど見向きもされないSurface3のリプレースです。
会社では 常時 OneNoteを立ち上げて、完全にメモ帳用途で使ってるので、Surface Goのサイズ感と絶妙のCPUチョイスがハマって、Surface3を捨て速攻で買い替えです(^▽^)/

最近知ったんですが、アメリカの Amazon でもカートに入れると日本円で表示される仕様になってるっぽい(設定する必要はあるが)。日本のAmazonアカウントのまま、アメリカのAmazonでカートに入れた商品の決済画面に進むと配送先(Delivered to)が自動的に日本のamazonアカウントで登録されている住所になり、「クレジットカード番号を入れろ!」 画面がフツーに出るやん・・・。
日本では英語配列のタイプカバーはブラックのみなので・・・アメリカのamazonで買おうかなー、と思ったけど・・・アメリカからの送料とか配送期間とか考えると高くなるのでやめた・・・・

ってなことはさておき・・・
かねてからメモってた Surface Go買ったらやることリストを遂行

  1. WSL有効に & Ubuntu インストール(サーバー関係、ツール/ビルド関係
  2. 仕事環境インストール(gVim/chrome/FireFox/Visual Studio/Adobe Illustrator/Photoshop/ネットワークツール)
  3. そのままだと英語配列のキーボードが日本語配列として認識されるので設定変更
  4. キーボードドライバを101ドライバからAXキーボードドライバに変更(IMEトグルを右ALTキーに)
  5. タイピング環境構築 xkeymacsインストール、CAPS⇔CTRL入替)
  6. タッチパッドの設定で「シングクリックするには1本の指でタップします」のチェックを外す
    タイピング時の親指での誤タップを抑止

んで、僕的にいいところ、気に入らないところを列挙。

Surface Go のいいところ。

(1) まず何より小さい!
久しく使ってなかったカメラバック、Retrospective5 に入れてみる・・・

入るやん!!! これから通勤用のバッグにしよ。。。

(2) Surface Pro 譲りのつくりがイイ!
Windows Hello 対応のフロントカメラと、無段階で角度を調整できるキックスタンド、Surface ProのPenが使える。
Surface Penの書き心地がかなり良くなってることに驚いた。もうちょっと引っかかり(抵抗)があっても良さそうだけど、ツルツルで滑って書きにくい・・・ということはない。イイ感じ。

(3) 充電ポートが二つ!
付属している充電コードとアダプタは一体化されていて Surface Connectポートにつないで充電する仕様。しかもこのアダプタが微妙にデカいので・・・こんなの持って歩けないよ・・・ってな人は USB Type-Cのコードさえあれば USBポートから充電できてしまう!(問題点あり後述)

(4) Atomプロセッサじゃない!(^^;
Core i3 には及ばないけど、まずまずの性能。ブラウザとかオフィスソフトはフツーに使えます。
というか、この機種で性能を求めるのはアホの所業ですが、正直 Atom プロセッサは遅すぎた。。。
普通に動画もサクサクみれますし・・・でもクリエイティブ系のソフトは動けばいいや、的な感じ。
Visual Studio 入れたいけど・・・普通に使えるのかな??? Autumn Updateと同時に今度入れてみよう。

(5) ストレージの性能が良すぎ?
8GB/128GB版のSurface Goのストレージは SSD。特にシーケンシャル・リードが1GB/s 越えてます・・・。ライトはフツーなんですが・・・リード性能が飛びぬけて良いみたい。

(4)と(5)からすると、CPU(Pentium Gold)がそこそこの性能でも、SSDとCPU内臓のGPUのパフォーマンスの高さでカバーしてるから、そこそこ使えている感じがする、というのが実情じゃないかと・・・

でもPhotoshopとかのAdobe ソフトも起動の速さはそこそこ普通。起動にもっと時間がかかると思ってたけどいい意味で裏切られた感じ ^^

で・・・今度は気に入らないところ

(6) タイプAの普通のUSBポートが欲しかったな・・・。
Appleとかだとレガシーになりそうなものはバッサバッサと切っちゃうんだけど、マイクロソフトはそういうのやめて欲しいな・・・というのが正直な感想。死守して欲しかった。。。
せめて、USB Type-AとType-Cの変換アダプタ一個ぐらい標準付属品にして欲しかったな。

(7)タイプカバーの英語配列を日本でもフツーに売れよ!
Surface Proでもそうなんですが、日本ではタイプカバーは基本的にJIS配列ものしか商流にのらないです。英語配列のものがありますが、カラーバリエーションがブラック一つのみ。日本で英語配列が売れないの分かりますが・・・せめてマクロソフトの直販サイトでは全てのカラーバリエーションで英語配列をラインナップにそろえて欲しい。

(8)シャットダウンするとUSB Type-C経由の充電はできない!
起動中もしくはスリープ状態でないとUSB充電はできないみたい。そもそもSurfaceはシャットダウンするな! ってことなんでしょうね・・・。

(9) タイプカバーのキーピッチがやっぱり狭い・・・
まぁ、これはサイズ的にはしょうがない。僕の癖なのか、キーピッチが狭いと T と Yの打ち間違えが頻発・・・なかなか指が補正できない・・・これは慣れていくしかないな・・・。

2~3日使ってみてこんな感じかな・・・。とりあえず、USBケーブルをほぼ全部買いなおし or 変換コネクタを買いにいく。Type-Cのハブを買った方が安くつく感じだな・・・。

CoffeeLake(Core i7-8700) と Windows10 1803更新と

自作組立でPCを組んだのが5年前、そろそろハードウェアを一新したいなーと思いつつ伸ばし伸ばしにしてたのですが、GW連休に片付けてしまおうと思いリプレースを決行しました。

当初、起動システムが入っているSSDも含め一新しようと思いましたが、Windows10はAnniversary Update(1607)からライセンス認証の形態が変わり、ハードウェアの変更においても簡単にライセンス認証できる仕組みになったようで、OS自体も特に意識せずともクリーンインストールせずに環境を引き継げるとのこと。

要はマイクロソフトアカウントでログインしてライセンスとリンクしていればマザーボード等を交換してもライセンス再認証が通るようになったようです。
https://support.microsoft.com/ja-jp/help/20530/windows-10-reactivating-after-hardware-change

ってことで、今回はCPU、マザーボード、メモリを交換して、経済的理由により(^^;、来年あたりにストレージを交換することにした。
で、まずはパーツ購入です。

  • Intel Core i7-8700
  • ASUS PRIME Z370-A
  • Corsair DDR4-2666 8GB x 2

交換する前に、Spring Creators Update(RS4) の更新が降ってきたので、メンドクサイな・・・と思いつつパーツ交換前に済ませとこうと思い、更新開始後30分くらいでRS4に更新完了。
RS4への更新で一番うれしかったのが、WSL(Windows Subsystem for Linux)のブラッシュアップ。
デーモンプロセスが常駐できるようなったこと。今まではWebサーバーやデータベースなどのデーモンはBashコンソールを終わらすと全部落ちちゃうので不便極まりなかった。
それにWindowsシステムにも openssh がサポートされているようで・・・あとはもうCMD.EXEを捨て去ってマイクロソフト純正のターミナルエミュレータを作ってコンソールウィンドウを置き換えてくれれば・・・!

んで、次、マザーボード、CPU、メモリの交換はスムーズにいき、BIOSで必要な設定を行い、いざWindows10起動・・・見慣れない、「デバイスを準備中です」のメッセージの後、普通に起動した(^^;


さすがに論理プロセッサが12基あると壮観っすね。

普段はローカルアカウントで作業しているんですが、新規に作ってあったマイクロソフトアカウントを使ったユーザーでログイン後、ライセンス再認証してみる・・・・失敗・・・。上記URLの通り、トラブルシューティング実施後、「このデバイス上のハードウェアを最近変更しました」をクリック・・・失敗・・・・・・ええーーーーー!指示通りにやったのに再認証でけへん!!!

途方に暮れつつ、イチかバチか、Windows10に無料アップデートする前の5年前にパーツ買ったときに一緒に買ったWindows7のDVDメディアについてたプロダクトキーで、プロダクトキーの変更を行ってみる・・・

「このデバイスはライセンス認証されています」

あれ? 再認証でけた・・・。よくわからんが、やっぱりM/B、CPU、メモリ、3つも変えるとスンナリ再認証させてくれないのか・・・。
とりあえず、パーツ交換にともなうライセンス認証はクリアした。

しかし、致命的な問題が発生。Intel QSV がアプリケーションで認識しなくなった・・・。ググってみると、インテルグラフィックスドライバを最新版にしろ、とのことなので、インテルのサイトから最新のドライバ 24.20.100.6025 をダウンロードして実行してみたのですが、エラーが出てインストールできず・・・。

いろいろ試してみてもダメ。最終手段で、デバイスマネージャーからドライバファイルごと削除した。

もう一度最新ドライバのインストーラーを実行したら、インストールが正常に完了した。
QSVが認識されているか、HandBrakeを立ち上げて確認したら、ちゃんと認識してくれるようになった!
前のPC(Haswell)で平均で200FPSぐらいでエンコードできてた動画の変換が300FPSぐらい出てる!早い!バンザーイ!ってことでCPU4世代分の進化を実感できたw

そして、あともう1個 問題発生。
SONYのNASNEをパソコンから見るための PC-TV Plus というソフトでTVや録画番組が再生できなくなってしまった。
「グラフィックスドライバの状態が不正です、HDCPが・・・」というようなエラーが発生するようなった。
追記:HDCPチェッカーで HDCPがNGになってました。なんで・・・?
んーーー、これに関しては、原因が分からん。このパソコンではたまにしか見てなかったので問題はないが・・・ソフト側の問題かWindows10-1803の更新の問題のような気がする・・・。一応、一度アンインストールしてからインストールしなおしてみたけど状況は変わらず・・・。更新を待つしかないか・・・。

【追記の追記】これに関しては液晶モニターのHDCPが機能していませんでした。タイミング的にOSかアプリのせいかなと思ったんですが、ブルーレイレコーダをHDMI接続してみたらエラーで何も映りません・・・。たぶんモニタを修理に出したら基板交換になると思うんで・・・モニタが完全に壊れたら買い替えすることにします。。。(;´д`)トホホ

パーツ費用 約8万円也・・・。いまま使ってきた M/B(Gigabyte Z87X)、CPU(Core i7-4770)、メモリ(DDR3 16GB)をケースから抜いたままをヤフオクで出品して手数料、送料引いて約2万円弱ぐらいで処分できた。もうちょっと高く出品しても良かったかな、と一瞬思ったけど、僕にとってはゴミなので(^^;
まぁ、出品してすぐに落札されたので気持ちよく処分でけたマル。

Vortex ViBE has come

youtubeで動画見てると右側にいろいろおススメの動画が表示されるじゃないですか。たまたまCPUとか自作系の動画を見てたら、Vortex ViBEという良さげなキーボードのレビュー動画が出てきて英語で何しゃべってるのかあんまり分かんなかったけど(^^;;;;

「あ、これ欲しいな~・・・」と。この変態的キー配列が・・・イイ!

通販サイトで売ってんのかな・・・?と思っていろいろググってみたけど、結局海外の通販サイトしかなくて、注文するの躊躇すること1か月・・・。たまたまヤフオクで検索してみたら・・・出品されてた! あと22時間で終わる! 今のところ一人も入札居ねぇ・・・・ってことで速攻でちょっと高めに入札して待ってたらギリギリで落札(ホッ) 発送に1週間かかるって書いてあったけど、3日ぐらいで送ってくれた。

前置きが長くなりましたが、会社に持って行って使い始めてみました。いままでHHKB使ってたので、若干慣れが必要でしたが、数時間で慣れた(^^

とりあえず上から横から裏から附属キートップ。

NUMキー、CAPSキーを押すとLEDが光るはずだけど、光らず・・・ハズレを引いたか・・・と思ったけどファームウェアを更新したら正常に動作した!!!

プレートにLEDらしき光源。

製品名でググってみたけど、日本の人がレビューされているのが一つしか見つからず、英語記事ばかり。海外サイトで新品だと140~150ドルぐらい。送料とか考えると1万8千円ぐらいになってしまうかも・・・テンキー付きでこのキー配列だとあまり需要がないかもしれませんね。

早速使ってみた感じ、高さというか、そのままだと指を置いた時、かなり打ちづらい。しょうがないので、消しゴムを両面テープで貼り付けて傾斜を調整(^^;;;

それと、ホームポジションが分かりにくい・・・。F・Jキーのくぼみが若干深い程度なので慣れるのに時間かかりそう。F/JキーだけESCキーみたいにラッカーで真っ赤に使用するか、ちっさい突起を接着剤でくっつけようかな・・・。

スイッチは CherryMX 赤軸。東プレ製品を使っていた時の打鍵感がなく、スコスコスコッっていう感じで入力してる!って感じがあまりしない・・・。でも・・・僕的にこれもアリかな。しばらく使ってみよう。

一点、惜しむらくは、USBコネクタが HHKBと微妙に違う・・・ケーブル使いまわせるかなと思ってたんですけど・・・思惑が外れ、HHKBは MiniBタイプ で Vortex ViBEは MicroBタイプ・・・。海外はMicroBが主流なのか????

C6/C7ステートは無効にせよ

家にあるPCは、部品寄集めの所謂、自作機。Haswel Core i7 と Gigabyte製のM/B。

(4年前の画像が残ってた)

Windows7の時は特にこれといって不満はなかったんですが・・・Windows10にした頃から、なんだかフォルダウィンドウが開くの妙に遅く感じてた。開くだけでなく、ウィンドウの切り替えが全体的にもっさり。タスクバーに登録したフォルダのショートカットをクリックしてウィンドウが現れるのに最悪2秒くらいかかる。

会社で使っているPCは 第二世代のCore i5 なんですが、それよりも遅い・・・今までいろいろググってみたけど、分からず・・・。
でも、つい最近なんですが、動画エンコード中にフォルダウィンドウを開くと、普通に速く開くのにやっと気付く(遅ッ)・・・あれ? もしかしてCPUの省電力が無駄に働いてんのかな・・・。
早速ググると、どうやら デスクトップPCではM/Bの設定でC6/C7ステートは無効にする、っていうのは FAQ らしい・・・。今更・・・気付いても・・・もうじきリプレースしようしているのに・・・(笑)

再起動しDELキーでBIOS画面に入り、無効化したら、今までの不満はなんだったのか?というほど嘘みたいに普通になる・・・。ウィンドウ間の切り替えもフツーの速さに・・・。

ああ、自作機においてデフォルト設定はダメなのね・・・。やっぱり僕みたいなのは、大人しくメーカー製のPCの方がいいかもしれませんね。。。

この夏もグチで終わり。。。

VAIO Z (VPCZ21 2011) + Windows10 Pro

残りあと100日も切ってしまった、Windows10への無料アップグレード。
メインPCのWindows7をWindows10にアップグレードするか、未だ、踏ん切りが付きません(ーー;;; マイクロソフトは無料アップグレード期間の延長は絶対無い、と言い切ってるし・・・。

ってなわけで、去年Surface3買ってから使わなくなって放置してたVAIO Z (Windows7 Pro版)を、試しにWindows10にアップグレードして、手順をおさらいしておこう、と。VAIOもSONYから放り出されてWindows10のサポートも無くなったので、この際どうなってもいいや、ってな感じ。

まずは、Windows7を立ち上げて、去年の10月頃からの膨大な量の Windows Update を適用しておく。ちなみにこれ、一晩かかりました(^^;;; 夜、仕掛けてから寝て、朝起きてもまだ終わっていない・・・orz。Windows Updateは溜めておくと地獄ですな・・・。

連休の終わりかけの今日(5/5)、タスクバーの通知エリアのWindows10アイコンをクリックしていざアップグレード開始。アップグレードの最終確認後、30分~1時間程放置してたら終わってました。

upgrade-to-windows10

気付いた点を今後のメインPCのWindows10アップグレード時のため、以下に列挙しておく。

  • Windows7の時に使っていたアプリやツール類はすべて元通りに使用できた。
  • 関連付け、アイコンなどは、一部を除いて設定がそのまま残った
  • システムの設定は、ほぼすべて引き継がれた。
  • Windows7で使用してたセキュリティ対策ソフト、Security Essentials が自動的に削除され、Windows Defender に引き継がれていた。
  • 英語キーボードをAXドライバで使用する設定(右ALTにIMEトグルを割り当てるため)などはちゃんと引き継がれた。
  • Windows7ではIMEをATOKにしてたんですが、Windows標準のIMEに初期化されていた。
  • xyzzyのキーバインド変更ツールは、ちゃんと使えた。ただし設定ダイアログに表示上の不具合発生。
  • タスクバーに登録していたアプリもそのまま残っていた。
  • Windows7のスタートメニューとWindows10のスタートメニューは根本的に違うので、スタートメニューはまっさら状態。よく使うアプリのスタートメニューへの登録をやりなおす必要がある。
  • 使用メモリが増えてる気が・・・最初だけ??? Windows7も使い始めはメモリ使用量多かったしな・・・
  • windows.old は速攻で削除。どうせもうWindows7には戻れないし・・・。
  • デスクトップPCでコルタナはOFFにするべし。(パソコンに音声アシストは必要か???)
  • Windows10のデフォルトのフォント、游ゴシックはやっぱりブサイク! なんでメイリオやめたん???
  • デフォルトでIISが起動して80番ポートを塞いでいるので、開発環境にapacheを使っているWebアプリ開発者は、IISのサービスを無効にするかアンインストールする必要がある。
    (追記:Visual Studio がインストールしてあるからなのかな~?という気がしてきた。)
  • デフォルトブラウザ Microsoft Edgeはデフォルトでループバックアドレス(localhost)にアクセスできないので、CheckNetIsolation.exeコマンドで別途許可する必要がある。
  • デスクトップPCでWindows10を使う場合、ローカルアカウントで運用した方がいい。
  • ストアアプリをPCで使う場合はマイクロソフトアカウントで運用しなければならない。が必要。(普通に考えてパソコンで制限のあるストアアプリなんて使わないと思うが・・・)
  • VAIOホームネットワークプレーヤー(レコーダーやNasneの録画番組を見るVAIO専用のアプリ)はライセンスの認証をやりなおし。
  • VAIO独自のハードウェアキーはほぼ全部使えた。
  • スピーカーのON/OFFに割り当てられた Fn + F2は効かなくなった(残念)

ほんとかどうかは定かでは無いけど、Windows10は、「入力データをマイクロソフトに送信しない」設定にしてても実際にはそういった入力情報は密かに?送られる!!! ようなことをネットで見かけます。まぁ、現実問題、一般人には確かめようがないっすよねぇ。

Visual Studioとか主要なアプリケーションの対応OSから Windows7 が除外された時点でアップグレードしようなかな~。うーん・・・。