開発環境見直し for WORDPRESS on WSL

2017/11/09 追記:
LAN内の他のPCからアクセスするには、コントロールパネル ≫ Windows Defender ファイヤーウォール の新規受信規則で、ポート80番を開けないといけません。


ちょっと前に今の仕事の開発環境を新しくしたのですが、Windows 10 Fall Creators Update(以下、FCU)で、Windows Subsystem for Linux(WSL)がベータ版から正式版に変わったんで、また見直し。見直しというか、Wordpress用。

HyperVを使った前のやつは、こっち、でCIFSマウントしているディレクトリへのアクセスがたまにエラー?で読み取れなくなるぐらいで、特に不自由もなかったんですが、WSLの記事をググると、思いの他進化しているので、WORDPRESSでのお手軽サイト構築用の環境として整備することにした。

Windows10 FCU からは、限定的ですが、ネットワークフォルダをマウントすることができて、WSLはかなり実用的な開発ツールセットになってきています。しぶしぶMac使っている人(そんな奴いるのか?)は、やっと大好きな(笑) 使い慣れたWindowsでウェブ系のお仕事ができます!( ̄▽ ̄)

BoWそのものは、マイクロソフトストアからインストールできるので、もう説明要らないでしょう。Windows10 FCUから開発者モードにする必要もなくなったし。

手順を記録しとこう、という備忘録です。特にこれといって新しいことが書かれているわけではなく、グーグル先生に聞いた内容を自分用にまとめたものなので、あまり参考にはなりません。あしからず。

>>以下の手順を全自動で行うシェルスクリプト

■ パッケージのインストール
apt コマンドで、必要なパッケージをインストールしていきます。sudo するのがかったるいので、全部 root で作業します。
の、前に・・・、まず、/etc/apt/source.list の中のリポジトリを日本のものに差し替えるのが定石だそうですので、変更してからにします。
また、mysql-serverをインストールする最中に、root パスワードを入力するように促されるので適当に。

sudo su -

sed -i.orig -e 's%http://archive.ubuntu.com/ubuntu/%http://ftp.jaist.ac.jp/pub/Linux/ubuntu/%g' /etc/apt/sources.list
apt update
apt -y upgrade

apt -y install apache2 apache2-doc mysql-server mysql-client
apt -y install php php-mbstring php-mysql php-sqlite3 php-gd php-mcrypt libapache2-mod-php 

php の方は、必要なモジュールを別途 apt でインストールする必要があります。・・・その辺はまぁ適当に。

■ Apache2 設定
まず、そのまま “service apache2 start” とかやると、ワーニングがでます。まぁ、無視すりゃいいんですが、気になるので・・・。
/etc/apache2/apache2.conf を開いて下記2行を追記します。

AcceptFilter http none
AcceptFilter https none

あと、開発するファイル等が入った、ドライブなり、フォルダなりを apacheから見えるようにしないといけません。
windows.confは、僕の環境では、下記のような感じ

#
# /etc/apache2/sites-available/windows.conf
#
<Directory "/mnt/d/devel">
AllowOverride All
Options All
Require all granted
</Directory>
Alias /devel /mnt/d/devel

で、有効化します。

a2ensite windows

php.iniの修正も若干必要ですかね。デフォルトで2MBしかアップロードできませんし、開発環境なんで、memory_limitは無制限にしたい。
ってなわけで、/etc/php/7.0/apache2/php.ini で、以下の項目を修正

  • date.timezone
  • memory_limit
  • post_max_size
  • upload_max_filesize

それと、まぁ、ほとんど使わないと思いますが・・・DocumentRootが /var/www/html で設定されているのですが、これのオーナーとグループを自分のユーザーにしときましょう。いちいち sudo してコピーするのメンドクサイでしょう。ついでにホームディレクトリにリンクを作っときましょう。

#一度 root を exit して・・・
exit
#myuserは自分のアカウントで置き換える
sudo chown -R myuser:myuser /var/www/html
ln -s /var/www/html ~/wwwroot
# root に戻る
sudo su -

■ MySQL 設定
次、mysql。apacheと同じく、”service mysql start” とかやると、僕の環境ではワーニングが出ます。これも無視すればいいんでしょうけど・・・。
mysqlユーザーのホームディレクトリを作ってやります。すでにあればやる必要なし。

mkdir /home/mysql
chown mysql:mysql /home/mysql
usermod -d /home/mysql mysql

mysql の 文字コードを UTF8にしときます。
/etc/mysql/my.cnf を開いて、下記を追記

[client]
default-character-set = utf8

[mysql]
default-character-set = utf8

[mysqld]
character-set-server = utf8

ここで、一旦 mysql を起動して、mysqlクライアントからユーザー、データベースを作っちゃいましょう。

service mysql start
mysql -u root -p

ここから mysql シェル

まずユーザー(wpuser)を作成。パスワードは適当に 0000 とか。
> CREATE USER wpuser IDENTIFIED BY '0000';

WORDPRESS用のデータベースを作っときます。
> CREATE DATABASE wordpress DEFAULT CHARACTER SET utf8;

作ったユーザーに、データベースの権限を全許可します。
> GRANT all privileges ON wordpress.* TO wpuser

> quit

あと、phpMyAdmin は必須っすね。aptコマンドでインストールしてもいいんですが、最新のものをマニュアルで入れときます。

#一旦rootを抜けて、一気に片付けましょう。
exit
cd /var/www/html
wget -O - https://files.phpmyadmin.net/phpMyAdmin/4.7.5/phpMyAdmin-4.7.5-all-languages.tar.gz | tar xvzf -
mv phpMyAdmin-4.7.5-all-languages phpMyAdmin
cd phpMyAdmin
cat config.inc.sample.php | sed -r 's/^(\$cfg\['\''blowfish_secret'\''\]) *= *'\''.*'\''/\1 = '\''32_moji_no_randamu_na_ei_suuji_x'\''/g' > config.inc.php

WSLではサービスとして動かすことができないので、bash を終わらせるとapache,mysqlのデーモンが全部落ちます。まぁバックグラウンドで走らせてしまうと、Windows Serverの顔が立たない(^^;ので致し方ありません。
bashを立ち上げるたびに、

sudo sh -c 'service mysql start; service apache2 start' 

とかやる必要があります。まぁこれは、alias 一個作っとけばいいだけなんすけどね。

WORDPRESSでのサイト構築ではもう十分な感じ。でも WSLのubuntuで docker が動いたらこんなメンドクサイことしないで済むのになぁ・・・。いずれ対応してくれることを祈る。

実際にはシェルスクリプトにすることで、インストールしてコマンド一発で、LAMP環境をセットアップできるようしています。
そのスクリプトは、こっち。

ドメイン変更

ORGからJPに変更。。。

IPアドレスが同じの場合、HTTPSでのドメイン転送はどうすればいいんだろう・・・。
う~む、勢いで変更しちゃったから、HTTPSでリンク貼られたところは軒並み、「プライバシーエラー」が出てしまう。

んー、ま、いいか。

xkeymacs + Windows10

そろそろプロパティダイアログの修正入っているのかなぁ・・・と思って久しぶりにxkeymacsのページを覗いたけど、現状で安定しているのかsnapshotが6年前で止まってた。まぁ、Windows10でもちゃんと動いているんだし(^^;
snapshotのリリースは止まっていたけど、ソース自体は更新されていたので、最新のソースをダウンロードしてVisual Studio 2015 Community でビルドした。
ビルドする前に設定ダイアログのサイズをちょっと伸ばしてプロパティシートが切れないのようにちょっとだけ伸ばす。これは↓と同じ(^^;

Windows8.1用にxkeymacsをビルド

スクリーンテキストのサイズは100%でしか使わないのでOK。
プロパティの部分だけ(GUIの部分だけ)C# .Net Frameworkとかで書けば多分解決するんでしょうけど、いかんせん、MFCのソースは僕には皆目読めません。。。読む気ありません。。。ただでさえC++忘れかけてるのに・・・。C++ TR1ぐらいがギリついてけるが、C++11規格とかもうサッパリ・・・。Cに至ってはもうC90ぐらいでも今となってはついていけるかも怪しい。。。

ってなわけで、どこからでもダウンロードできるように、リンク貼っておこう。
Rev.8799a18のものをVisual Studio 2015 Community Editionでビルドしたやつ

CentOS から Windows上のSQLServerへの道のり

副題: Road to SQLServer on Windows. (^^;

備忘録です。

今まで、CentOS6からSQLServerへのアクセスは、FreeTDS を使っていました。PHPからはPDO_DBLIB 経由。これは結構簡単にセットアップできました。yum で FreeTDSとか、もっと簡単に、php-sybaseなりphp-mssqlなり入れれば依存関係で必要なライブラリは勝手にインストールされますしね。設定自体も、/etc/freetds.conf と /etc/locales.conf とかいじればあとは、PDOからアクセスできます。

で、非常に疎かったので知らなかったんですが、Microsoftから Linux向けのSQLServer ODBCドライバが供給されている、とのこと。

今更何言ってんの??? って感じですが、知らなかったものはしょうがない。説明通りにやってみます(^^;

# curl https://packages.microsoft.com/config/rhel/6/prod.repo > /etc/yum.repos.d/mssql-release.repo
exit root

$ sudo ACCEPT_EULA=Y yum install msodbcsql
$ sudo ACCEPT_EULA=Y yum install mssql-tools
$ sudo yum install unixODBC-devel
$ sudo ln -sfn /opt/mssql-tools/bin/sqlcmd /usr/bin/sqlcmd
$ sudo ln -sfn /opt/mssql-tools/bin/bcp /usr/bin/bcp

エラーもなく、インストール完了。
ここまでは説明書通り。

さて、ここから設定。

/etc/odbcinst.ini を開くと、以下のセクションが追加されているはず。

[ODBC Driver 13 for SQL Server]
Description=Microsoft ODBC Driver 13 for SQL Server
Driver=/opt/microsoft/msodbcsql/lib64/libmsodbcsql-13.1.so.6.0
UsageCount=1

そして、/etc/odbc.ini を編集します。僕の環境ではodbc.ini は空のファイルでした。
データソースを記述していきます。

[Development]
Driver = ODBC Driver 13 for SQL Server #odbcinst.ini に追加されたセクション名
Description = for development databse #適当
Trace = Yes #わからん。 
Server = 10.1.1.1 #稼働中のSQLServerのIPアドレスもしくはホスト名 ファイヤーウォールでアクセス許可を出すこと。
Port = 1433 #SQLServer Configuration Manager で TCP/IP を有効に。
Database = Sample  #データベース名

この状態で、まず、isql コマンドで接続してみます。書式は、isql [データソース名] [ユーザー名] [パスワード]ですね。

$ isql Development dbuser dbpass
+---------------------------------------+
| Connected!                            |
|                                       |
| sql-statement                         |
| help [tablename]                      |
| quit                                  |
|                                       |
+---------------------------------------+
SQL> select count(*) from hogehoge
+------------+
|            |
+------------+
| 5500       |
+------------+
SQLRowCount returns 0
1 rows fetched
SQL>

無事接続できました!

今度は、マイクロソフトが提供しているツールを使用してみましょう。

$ sqlcmd -S 10.1.1.1  -U dbuser
Password: xxxxxx
1> use Sample
2> go
データベース コンテキストが 'Sample' に変更されました。
1> select count(*) from hogehoge
2> go

-----------
       5500

(1 rows affected)
1>

接続できました。

次に、PHP で PDO_ODBC経由で接続してみます。
DSNには、odbc.ini で設定した、データソース名ではなく、ドライバ名・サーバー名・データベース名をそれぞれ直接指定してみました。

$ php -a
Interactive shell

php > $pdo = new PDO('odbc:Driver={ODBC Driver 13 for SQL Server};Server=10.1.1.1;Database=Sample','dbuser','dbpass');
php > $sth = $pdo->query('select count(*) from hogehoge');
php > echo $sth->fetchColumn();
5500
php >

接続できました。

日本語(UTF-8)が正常にCRUDできるか、まだテストしていませんが、とりあえずは、正常に接続できることを確認できたことでヨシとしましょう。

Console.ReadLine(bool intercept ) が欲しい!

と、思いませんか? うまいもんはうまい。by はや

コンソールなプログラムを C# で組んでいると、パスワードなど見せてはいけないものを入力するケースって意外にありますよね。そういうとき、Linuxとかだと、シェルスクリプトで stty でファイトー、一発!!ってなもんですが、かなしきかな、C#(というより、.Net Frameworkのクラスライブラリ)には、適当なものがありませぬ。

クラスライブラリの広大な海から、やっとこさ、System.Console.ReadKey(bool)というものを見つけました。が、やっぱりその辺は自作しないといけないようで・・・。Console.ReadKey(bool)ってのがあるんだから、Console.ReadLine(bool)くらい作っておいて欲しい・・・そこまで頼るな!って?

どうでもいいけど、拡張メソッドの静的バージョンって欲しいよう(^^;;; Consoleクラスに自作静的メソッドをバカバカ追加して自己満に浸りたい・・・。

愚痴はさておき・・・忘れないようにコード・メモです

  /// <summary>
  /// コンソール関連のヘルパー&ラッパー関数など。C#4.0必須
  /// </summary>
  public static class ConsoleEx
    {
      /// <summary>
      /// メッセージを出力してキー入力を待機します。
      /// </summary>
      public static ConsoleKeyInfo WriteLineAndReadKey(string msg = "\n何かキーを押してください。",bool echoback = false)
        {
           Console.WriteLine(msg);
           return Console.ReadKey(echoback);
        }
      public static string WriteAndReadLine(string mesg,bool intercept = false)
        {
          if(!string.IsNullOrEmpty(mesg))
              Console.Write(mesg);

          return ReadLine(intercept);
        }

      /// <summary>
      ///  エコーバック無しにキー入力を行う。(たぶん日本語はだめ)
      /// </summary>
      /// <returns>入力値</returns>
      public static string ReadLine(bool intercept,char mask = '*')
        {
          if(!intercept)
            return Console.ReadLine();

          var cs = new List<char>();
          bool isContinue = true;
          while(isContinue)
            {
              var ki = Console.ReadKey(true);
              switch(ki.Key)
                {
                  case ConsoleKey.Escape:
                    cs.Clear();
                    goto case ConsoleKey.Enter;
                  case ConsoleKey.Enter:
                    isContinue = false;
                    break;
                  case ConsoleKey.Backspace:
                    if(cs.Count > 0)
                      {
                        cs.RemoveAt(cs.Count - 1);
                        Console.Write("\b \b");
                      }
                    break;
                  default:
                    if(ki.KeyChar != '\0')
                      cs.Add(ki.KeyChar);
                    Console.Write(mask);
                    break;
                }
            }
          return new string(cs.ToArray());
        }
    }

追記:バグ修正 (2017/05/17)