WSL(Ubuntu)-PHPからSQLServerへの道のり

「CentOSからWindows上のSQLServerへの道のり」のつづきです。

LinuxからWindows上の SQLServerへのアクセス方法については、世間的にはあまり需要がないのでしょう。まぁ、Linuxとかのunix系のOSでは、SQLServerなんて採用しないし、逆も然り。。。困ったもんだ。。。

さて、Linuxの各ディストリビューション用のMicrosoft製のODBCドライバが提供されていて手順を踏むと、LinuxからSQLServerへODBC経由でアクセスすることができました。

今度は LAMP環境、PHPから文字化けさせずにCRUDすることができるか、ウェブアプリケーションをちゃんと実装できるか、確認です。とりあえずLinux各ディストリビューション用にマイクロソフト製のODBCドライバをインストールしていることが前提です。

PHPでたとえば、以下のようなコードでテーブルを作成し、SQLServer Management Studioとかで確認すると、日本語が全部文字化けします。
sqlcmdコマンドで日本語交じりのSQL文を発行すると化けないので、おそらく、PHPの問題でしょう。DSNで odbc: を使うのがだめなんでしょうね。odbcドライバをインストールしたんだから、当然odbcプレフィックスを使うものだと勘違いしてまして、これが罠でした・・・。日本語関係の処理が全くされない。。。この辺、よくわからん・・・。知識が圧倒的に足りない。SQLServerのODBCドライバとsqlsvr(PHP SQLServer用のドライバ?)の関係が全然わからない。PHPのマニュアル見てもよくわからない・・・。

// これが間違い
$pdo = new PDO('odbc:Driver={ODBC Driver 13 for SQL Server};Server=localhost;Database=Sample','dbuser','dbpass');
$pdo->exec('CREATE TABLE tbl_hoge(hoge_id int NOT NULL,hoge_txt nvarchar(100))');
$pdo->exec("INSERT INTO tbl_hoge values(1,N'日本語で挿入・・・なんかエロいな')");

接続文字列でエンコーディング関係のパラメータがあるのかなと、調べてみたけどないっぽい。さらにネットでの情報がほとんどなく。。。ヒットするのはFreeTDSを使ったものばかりで、多くはPHP5の情報ばかりで、PHP7以降のものは出てこず。。。

で、困ったときはグーグルで検索・・・ではなく、まずマイクロソフトの公式のドキュメントを漁りましょうってことですね(^^;
ググらなくても最近のマイクロソフトはちゃんとドキュメントを用意してくれてます。(MSも変わったな。。。)

Build an app using SQL Server


上記サイトの PHP ⇒ UBUNTU をクリックすると、Linux版 SQL Serverのセットアップから詳細な手順が書かれています。英語ですが、簡単な英文なので読みましょう!

今までSQLServer用のODBCドライバとPHPでのSQLServer用のドライバ、それぞれが別々に説明がされてて、一体何がどうなってってるのか理解できなかったけど、上記サイトで Ubuntu + PHP では、この手順、Redhat系では、この手順、という風にまとめて手順が説明されているので、これで悩まなくて済むようになった。PHP7以降限定ですけどね。 まぁPHP5系はこの先消えていく(deprecated)のでまぁいいか、という感じ。

要するに ODBCドライバに加えて、peclでsqlsvr/pdo_sqlsvrをインストールすれば完了。やっと 非Windows環境でも労せずSQLServerへフツーにアクセスできるようになりました。

上記マイクロソフトのサイトには、Linux用のSQL Serverのセットアップから説明されていますが・・・SQLServerは Windows用のものをインストールしましょう。というか、開発マシンがWindowsの場合は、素直にWindows用のSQLServer Developper Editionをインストールした方がいいです。開発目的ならライセンスフリーですし。(サーバー環境で運用はできないけど)
開発マシンがMacやLinuxの方は・・・そもそもSQLServerに接続するような仕事してないでしょ?w

WSL(Ubuntu)でPHPをインストールしていない場合、aptで適当にphp7系をインストールしてください。その際、php-dev パッケージは必須です。

$ sudo apt install php php-cli php-dev php-... (必要なパッケージ)
# apacheで動作するには必要
$ sudo apt install libapache2-mod-php

1, 先に マイクロソフトのサイトからODBC Driver for SQLServer をインストールしておく(上述)

2, sqlsrv/pdo_sqlsrv のインストール (ubuntu 1604 の場合)

$ sudo apt install php-dev
$ sudo pecl install sqlsrv
$ sudo pecl install pdo_sqlsrv
$ sudo echo "extension=pdo_sqlsrv.so" > /etc/php/7.0/mods-available/pdo_sqlsrv.ini
$ sudo echo "extension=sqlsrv.so" > /etc/php/7.0/mods-available/sqlsrv.ini
$ sudo phpenmod -v 7.0 -s ALL  pdo_sqlsrv sqlsrv

apache2な人は再起動するべし。
参考リンク:the installation instructions on Microsoft Docs.

3, PHPで確認
PDOで、DSNのプレフィックスをodbc: ではなく sqlsvr: で。

$pdo = new PDO('sqlsrv:Server=localhost;Database=Sample','dbuser','dbpass');
$pdo->exec('CREATE TABLE tbl_サンプル(hoge_id int NOT NULL,hoge_txt nvarchar(100))');
$pdo->exec(sprintf('INSERT INTO tbl_hoge values(1,N%s)',$pdo->quote('日本語で挿入・・・なんかエロいな'));

参考リンク: https://github.com/Microsoft/msphpsql/tree/master/sample

文字列リテラルをNプレフィックスをつけずにINSERTとすると絵文字が化ける。文字列リテラルの場合は Nプレフィックスを忘れずに。。。
ただ、プリペアドステートメントを利用する場合、自動的にNプレフィックスはつけてくれるみたい。SQLServer Data Profilerで実際実行されたSQL文を確認すると、PDO::execでは自動的にNプレフィックスはつけてくれないみたい。まぁ当たり前といえば、そうなんだけど。。。

あと、東京オリンピックまでには、apt install php-sqsrv / yum install php-sqlsrv とか標準のリポジトリでインストールできるようにしてほしい。。。

\(^o^)/

Inconsolata + BIZ UDゴシック

新しい iPad Pro 発表されましたな。
1TBのやつが欲しいけど、さすがに18万は高いなー、

閑話休題

Windows10 1809(October 2018 Update) から BIZ UDフォントが標準搭載されたので、gVimで試す。
ASCII文字(guifont)を Inconsolata、日本語(guifontwide)をBIZ UDゴシックに設定しましたが、なかなかイイ感じです。


(全景)

エディタによって BIZ UDフォントを指定すると、半角英数の文字幅が強制的に2倍になってしまって悲しい感じになるんですが・・・これどーすればいいの???(^^;;;

start的なコマンド


台風の影響で、帰宅命令が発動され、早退してきて急に暇になった。
まぁ、そんなことは兎も角。

ほとんどのcmdやpowershellのようなコマンドプロンプト操作は WSLのUbuntuで済ませられるようになりました!が、内部コマンドの start だけは、コマンドプロンプトに頼るしかない。

cygwinならcygstart的な、wslstart みたいなコマンドが欲しいところ。ググれば github にそのものズバリの wslstart のシェルスクリプトがあったが、スクリプト的なものは使いたくないし・・・だって、他所のパソコン触るとき無いとガッカリするよね。他所様のパソコンに勝手にスクリプトファイル置いたら怒られるよね・・・。

つーか、”start . ” でカレントディレクトリのフォルダウィンドウが開ければそれでいいんですよ。。。。

ってなわけで、alias を一個追加。これなら、覚えられるし、他所のパソコン触るときもチャチャっと書ける。

alias start='cmd.exe /c start'

おいらのパソコンの ~/.bash_alias に追記した。。。

gVim の :terminal から “start .” とかやる。助かる~(^^;;;


#追記 2018/09/17
やっぱり パス変換の判別が欲しい・・・っていう欲求が出てきて、数行のシェルスクリプトをかます事にした。
WSLでのstartコマンド簡易ヘルパー

gvim(+kaoriya) + WSL Part2

:prev
この前のつづきです。

シェルをWSL(ubuntu bash)にすることで、:terminalの他、外部コマンド実行(“!” から始まるやつ)をWSL内で完結することができました。
が、ただ一点、:terminal {command} にする場合、:terminal bash -c '{command}' としないとエラーになってしまうので、これが不満。

そこで、Wslterm というユーザー定義のコマンドを _gvimrc に追加することで、ラクしよう、と、こういうわけです(^^;
ヘルプを斜め読みしてとりあえず関数とコマンドの定義の仕方を最低限覚えて、以下の記述に辿り着く。
ほんとはもっとスマートなやり方があるんだと思いますが・・・素人の思いつきです。。。

" terminal の WSLラッパー コマンド (かなり修正:2018/7/13 0:02)
" ・・・なんかトンチカンなことをやってる気がしてきた・・・
" append to ~/_gvimrc 
set shellslash
set shell=C:/WINDOWS/system32/bash.exe
set shellcmdflag=-c
set shellquote=\"
set shellxescape=
set shellxquote=

function! Wslterms(c,f,l,...)
  let cmdline = []
  let option = []
  let i = 0
  while i < a:0
    if stridx(a:000[i],'++') == 0
      call add(l:option,a:000[i])
    else
      call add(l:cmdline,a:000[i])
    endif
    let i += 1
  endwhile
  let l:options = len(l:option) ? join(l:option," ")." " : ""
  let l:cmd = "terminal " . l:options

  if len(l:cmdline) > 0
    let l:cmd = printf("%s%s %s %s",l:cmd,&shell,&shellcmdflag,shellescape(join(l:cmdline," ")))
  endif

  if a:c 
    let l:cmd = join([a:f,a:l],",") . l:cmd
  endif

  execute(l:cmd)
endfunction
command! -nargs=+ -complete=file -range=0 Wslterm call Wslterms(<count>,<line1>,<line2>,<f-args>) 

これで、:Wslterm perl %とか、’<,'>Wslterm hogehoge とかやると、bash -c をつけて簡易的に :terminalの真似ができました(^^;; おまけで、gvimのterminalの中で、WSL(ubuntu)内のvimでファイルを編集(左)とかできちゃう!w

ただ、vim自体操作は慣れてきたとはいえ、まだよく分かっていないのでこういうアプローチでいいのか、よく分かんないです。またvimスクリプトの本でも買って勉強しよ。

■補足 2018/09/24
guioptions に “!” を追加すると :shell コマンド時、コンソールウィンドウが立ち上がるのではく、gVimのウィンドウを使用するみたい。知らんかった・・・・。

:set guioptions+=!

_gvimrcに書いとくと、かなりイケてる感が味わえるかも(^^;
ちなみに僕の guioptions は・・・

"snip
guioptions=egmrL!
"snip

となっております。。。

:continue
つづきは part3で

gvim(+kaoriya) + WSL

ちょっと躓いたので、備忘録。

gvim(+Kaoriya)で特に何も設定しないと、シェルは cmd.exe が使われますよね。8.1から:terminalが使えるようになったので、とりあえず %USERPROFILE%\_gvimrc に 以下の記述をつけてシェルをWSLのbashにしました・・・。

set shell=C:\WINDOWS\System32\bash.exe

一瞬だけ自己満に浸ってしまいましたが・・・コマンドラインモードで次を実行すると・・・

:r !date

テンポラリファイルがオープンできない旨のエラーが出て撃沈。

困ったときのグーグル先生で検索するも探し方が悪いのか解決できない。基本に立ち戻り、vimのヘルプを参照(^^; ( :help options )

shell を変更する場合は、shellcmdflag,shellquote,shellxquote等も変更してね・・・ということらしい。
はじめからこちらを見てれば問題なかった・・・。
ヘルプのとおりに以下のように設定すると、問題なくでけた!

set shell=C:\WINDOWS\System32\bash.exe
set shellcmdflag=-c
set shellquote=\"
set shellxescape=
set shellxquote=

※修正:shellxquoteを空にすると perl のファイルを開く時に ftplugin/perl.vim で標準入力待ちになって帰ってこなくなったので、よくわからないけど 引用符をいれたらなんか治った・・・よくわからん。まぁいいや。
※修正の修正:shellxquoteを設定したら今度は !command が動かなくなった・・・ということで戻す・・・。該当ファイル(ftplugin/perl.vim)を見たら perlpath = system('perl -e "join ....");の部分で perlpath を設定しているみたいなので、仕方ないので _gvimrc に let g:perlpath = “ほにゃららら” とかでお茶を濁して切り抜けた。

紆余曲折がありましたが・・・:terminal のおかげで、なかなかスマートに事を為しとげることができ、いとをかし。。。

スクリプトをせっせと書きつつ、コード片を スクリプトに流し込み、動作確認、CTRL-W N で端末ノーマルモードに移行しコピって、スクリプトにペーストとかもうキーボードから手を放さず全部できちゃう!

今までのようにコンソール画面をマウスでチマチマ選択しながらコピペ・・・とかもうおさらばさ!もうWindowsはダサいとか言わせないぜ!・・・・とかいいつつ、使ってるツール、環境は全部Linux由来なんだけど・・・(^^;;; WSLのおかげで、gvimの端末からフツーのWindowsアプリも起動できるし、いうことなし。\(^o^)/。

ただ、一点惜しむらくは、:term command とすると、当然環境変数PATHからcommandを探そうとします。これを WSL の中で行わせるには、:term bash -c command とかやらないと無理っぽい。この “bash -c “っていうのはイチイチ打つのはメンドイ。しかし、初心者のおいらにはこれまた解決方法が分からず、一向に初心者からなかなか抜け出せないな・・・。

:continue
つづきは part2で