ブラウザでCSV(CP932)⇔XLSXの相互変換

極力サーバーサイドでExcelファイルを処理させたくなくて、(なんちゃって)フロントエンド開発をワチャワチャやっております。

データベースからデータを抜き出すのも、Excelファイルだし、データベースにインポートするデータもExcelファイルです。 もうエクセルを見るのも嫌になってます。

サーバーサイドのプログラムを組む時、データをJSONもしくはCSV形式で扱うと、書くのがラクになります。そこで、ブラウザ上で、CSVとXLSXを相互変換できれば便利だな、と思ったのがきっかけ。

例によって、node.jsモジュールを browserify でワンパッケージにして利用します。(バンドラーって呼ぶみたいです。よく分からん)今回は npmコマンドで exceljs・encoding.js・file-saver の三つのモジュールを取得して、browserify で一つのファイルにパックします。

exceljs は、Excel(xlsx)ファイルを扱うモジュール。ExcelファイルをJavaScriptで扱うライブラリは SheetJS が有名で xlsxだけじゃなくて旧型式のxlsファイルも読むことができて非常に便利なのですが、Pro版じゃないと制限が多いので、最近では ExcelJSの方を使っています。

encoding.js は JavaScript でUTF-8,ShiftJIS(CP932),UTF16などを相互に変換できるライブラリです。ShiftJISのCSVファイルを扱う時に使用します。

file-saverは・・・説明要らないですよね💦 ダウンロードできるようにするヤツです。


動作デモはこちら


手順はいつもどおり。
まずは、package.json 。

今回は 3つのモジュールを一つのファイル(bundle.min.js)にまとめて、実際に使用するときは、そのファイル内(bundle.min.js)に定義されているrequire関数でロードするようにします。

上記package.jsonを適当なディレクトリにおいて下記を実行して、bundle.min.js を生成しておきます。

>> npm install
>> npm run bundle

この bundle.min.js を下記のサンプルのHTMLファイルのように、scriptタグでロードしておきます。

そして・・・肝心の 変換コードは下記のようになります。

特筆すべき点はありませんが・・・encoding-japaneseモジュールで、ShiftJISに変換した後、ShiftJISに変換したものを保存するとき、単純 string型でBlobのコンストラクタに渡すと、再変換されて文字化けを起こしてしまいハマってしまいました。
イマイチあんまり分かってません。

CSVの行区切り、本来は・・・CRLF(0x0D0A)・・・ですよね・・・。workbookからCSVにするとき、worksheetを行毎にループして変換したあと、自前で join(‘\r\n’)とかすればいいんでしょうけど・・・。
workbook.csv.writeBuffer()する際、formatterOptionでrowDelimiterで改行コードを指定すればいいみたい。

フロントエンド、メンドクサイし、ムズカシイし、あんまりやりたくない。。。


動作デモはこちら


簡易ISOファイル作成コマンド

■2021年8月2日 追記


これの続きです。

自分用のツールの置き場、備忘録として記録しています😅

CDやDVDのメディアからISOファイルを作成するのは結構カンタンにできました。
これで殆どやりたいことはできたのですが、やっぱりディレクトリからISOファイルを作るにはどうするんだろう??? という素朴な考えがでてきまして・・・

————– 追記
これが 非Windows OSならば、mkisofs コマンド(genisoimage)をdnfなりaptなりのパッケージマネージャで入れれば解決するんだけど・・・いかんせん、Windowsはそういう便利なコマンドはありません。oscdimg という Windowsのインストールメディアを作成するツールを使えばできるそうです。実用性を重視する人は oscdimg を使うといいと思います😀
追記ここまで —–

ググるとこれもWindowsで標準機能でできるようで・・・具体的にはイメージマスタリングAPIとしてCD/DVD等のファイルシステム作成からメディアへの書き込みまでの機能がCOMサーバーとして提供されているようです。COMサーバーで実装ってことは、WSHやC#から簡単に使える・・・ってことです。

サンプルのコードはもうマイクロソフトのコミュニティーサイトに載ってましたので、これを適当にいじって、任意のディレクトリをISOファイルにビルドできるコードを書いてみました。一つ前に書いたDVDメディアからISOファイルを作るコードも統合してみました。

イメージマスタリングAPIは.NET Frameworkのクラスライブラリで提供されておらず、C#から使用するには、TLBIMPコマンドを使用してタイプライブラリからCLRアセンブリに変換し、コンパイルするときにこのアセンブリを参照しないといけません。Visual Studio のIDE環境を使用する場合はプロジェクトにIMAPI2FS.dllの参照を追加するだけでいいかもしれません。
僕みたいにコンソール画面でカチャカチャする場合は・・・

>> tlbimp c:\WINDOWS\System32\imapi2fs.dll

のようにすると、同名のアセンブリ(dllファイル)ができるので、ソースコードをコンパイルするときに、このDLLファイルを /r オプションで追加します。

殆どサンプルコードをコピペしただけなので、特に特筆するところはありません・・・githubにリポジトリ作ろうと思ったけど、ファイル1個だけなんでgistにした。

一応、タイプライブラリのインポートもあるので nmake用の makefileも書く。

DVDメディアのダンプ

Windows7の環境が必要になり開発用のプロダクトキー?を発行してもらい、後はHyperV環境で仮想マシンを作ってインストールするだけ。
って思ってたら、罠が・・・HyperVで稼働しているマシンにDVDを読めるドライブがねぇよ。。。
DVDメディアからISOファイルを作れば・・・と思い、Windows10のアクセサリの中にISOファイルを作るアプリを一応探してみたけど当然なく・・・、WindowsってISOファイルからメディアに焼く機能はエクスプローラから呼び出せるのに、その反対ができない・・・。

むむむ、linuxとかだと、ddコマンドで一発なのに・・・WSLからddでDVDドライブのデバイスを指定して・・・ってできないのかなぁ・・・。

仕方ないので窓の杜でフリーソフトを漁るか・・・とも思いましたが・・・、単にドライブをオープンしてダンプすればエエだけやろ? ってことで、C#で書いた。C#からWindows APIをコールするところはマイクロソフトのサイトからコピペして、適当に。

要点は、Windows APIの CreateFile から返る SafeFileHandleをFileStreamに渡してバッファを介してコピーするだけ。
FileStream.CopyToAsyncメソッドを使えば一行で済むんだけど、やっぱり途中経過(進捗状況)は必要かなー、と思って無理やり FileStream.ReadAsync/WriteAsyncメソッドを使ったけど・・・。

tarよりzipコマンドをつけんかい!

どーでもいい記録です。

長年Windows標準のファイル圧縮・解凍ツールはCAB形式のファイルでした。今もそうですが・・・。そのため、cab形式のファイルを作成したり(makecab.exe)や解凍したり(expand.exe)するコマンドが標準であります。また、GUIシェルであるWindowsエクスプローラは標準でcab形式のファイルをフォルダとして扱えるようになってます。

・・・で、最近 ssh,curl,tarなど、従来では別途どこからか(cygwinやmsysなど)調達してこないといけないようなコマンドがWindows標準で使えるようになりました。特に tar コマンドは・・・それ、いる???? って感じ。

tarコマンドを標準で揃えるぐらいなら、zipコマンドをつけんかい! って思うのです。

Windowsって事実上の世界標準?であるzip形式のコマンドラインツールが付属していません。そうです、コマンドプロンプトでZIP書庫を解凍したり作ったりできないのです。しかし、GUIシェルであるエクスプローラはcabファイルと同じくzip書庫ファイルをフォルダとして扱えるようになってますが、そこまでするなら、なぜzipコマンドを付けないのか・・・ライセンスの問題なのか、何らかの制限があるのかわかりませんが、とっととzipコマンドをつけてほしい。

まぁ、文句を言っててもしょうがないので、代替方法。

■ PowerShellなら可能
コマンドプロンプトでは無理ゲーですが、PowerShellだとZIP形式のファイルを扱えます。

# 書庫展開
>> Expand-Archive -Path <書庫ファイルパス> -DestinationPath <解凍先パス>

# 圧縮
>> Compress-Archive -Path <圧縮するファイルパス(カンマで区切って複数指定可能、ワイルドカード認識)> -DestinationPath <書庫ファイルパス> 

これを 利用してコマンドプロンプトから powershell -Command を実行します。

# sampleディレクトリをそのままzipファイルにします。
>> powershell -Command "Compress-Archive .\sample\ sample.zip"

めんどくさいですが、まぁライトユースには十分です。客先のWindowsデスクトップにリモートデスクトップで接続してデータファイルを圧縮してコピーとかやるとき、zipで固めてからコピーする時とか。好き勝手にツール類をインストールとか、フツーはできないよね?勝手にやったら怒られるわ、セキュリティーの警告が出るわで大変だからね・・・。Windows上でゴニョゴニョする時、できるだけ素のWindowsでできる方法を身に付けとかないと詰みますよね。

まぁ、単に圧縮するだけなら、標準のmakecabの方が便利だけど。分割圧縮書庫にもできるし。メールで1MB制限とかチョーめんどくさい環境でも分割してメールで送れるしね。でも cabファイルって結局Windowsアプリの配布にしか使われなかったよねぇ。まぁマイクロソフト・アレルギーで毛嫌いしてる人多いからねぇ。

どうしてもWindows10の起動サウンドを鳴らしたい

※ Windows 10 Professional 対象です。Windows 10 Home は使用したことがないのでわかんないす。


期限が迫っているのに、どーでもいいことが気になって時間食ってしまう💦
どーでもいいプログラムを書く時間です。

歴代のWindowsで一番気に入ってるスタートアップサウンドは、Windows2000とMe の時のピアノ音。あれが一番心地よい。まぁ人それぞれなんですが・・・

最近のWindowsって起動サウンドが鳴らないんですね・・・ググると Windows8ぐらいからデフォルトで無効にされているみたいですね。まぁ仕事場のパソコンは別にいいとして、家で使うPCぐらい鳴らしてもいいんじゃないすかねぇ。

で、そもそも コンパネのサウンドの設定で、起動時のサウンドを鳴らす設定が消されています。なんで?
これもググるとレジストリをいじることで有効になるみたいですが、結局はシステムにブロックされて起動サウンドは鳴らないみたいでつね。。。

しかたないので、タスクスケジューラに登録することにした。起動サウンドのWAVファイルは Windows2000のインストールCDから抜いた。ライセンス的に不味いかもしれん。が、別にばら撒くわけでもなし。

基本タスクを作成し、トリガーとして「ログイン時」を選択。次に登録するプログラムなんですが・・・Windows標準で、サウンドファイルを再生するコマンドはないみたいです・・・
これもググると Powershell のワンライナーがヒットします。。。というか、これしかヒットしません。
要点は・・・コマンドプロンプトで下記コマンドを打つだけ。

>> powershell -WindowStyle hidden -c (New-Object Media.SoundPlayer "wavファイルのパス").PlaySync();

このコマンドをそのままタスクスケジューラに登録してもいいんですが・・・コンソールウィンドウが立ち上がってしまいます。

なんか、すっげぇカッコ悪りぃ!

標準でできないならプログラムを組むしかない。 上記のコマンドラインは .NET Frameworkのクラスライブラリ System.Media.SoundPlayer のインスタンスを生成してサウンドファイルを渡すだけなので、C#でも数行で済みそうです。というわけで組んでみる・・・組むというレベルでもない。

主要部分は一行ですね(笑)
これを、-target:winexe 付きでビルドするとコンソールウィンドウなしのプログラムができるので、このプログラムを適当のフォルダに配置してサウンドファイルとともにタスクスケジューラに登録します。
c:\your\binary\path\playsound.exe logon.wav

やっとこさ、ログイン時に あの Windows2000 の心地よい起動サウンドが聞けるようになったとさ。おわり。

一応実行バイナリを置いておきますが、自己責任で。いかなる損害も補償は一切いたしません。あしからず。