こっそりルーター化

これのCentOS7版

備忘録です。

開発用のサーバーを更新。CentOS8まで待とうかと少し思いましたが、まぁ、いいや。
ってことで、WiFi環境がないので、ポータブルのWiFiルータを開発用サーバーに接続して使えるように設定。

図A 前提

正直ネットワーク素人なので、zone:public に –add-masquerade するのがいいのかどうかわからんが、ちゃんとスマホからアクセスできるのでこれでいいか。

zoneをデフォルトのpublicではなく、work にした方が良かったのかもしれない。

#ゾーン publicとhomeに通信を許可するサービスをそれぞれに追加。
firewall-cmd --zone=public --add-service http --add-service https --add-service mysql --add-service dns --add-service samba --permanent
firewall-cmd --zone=home --add-service http --add-service https --add-service dns --permanent 

#eth1 は ELECOMのUSB接続タイプのNIC。これを home ゾーンに変更
nmcli c mod eth1 connection.zone home

#publicに対してNAPTをしかける
firewall-cmd --zone=public --add-masquerade --permanent

# リロード
firewall-cmd --reload

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください