gVimでのシェル切り替え

Visual Studio 2019 Community インストール。
まぁ、たまにC#とか、昔のC++で書いたツールをビルドするのにやっぱ必要。
IDEはほとんど立ち上げず、gVimで編集、編集。もうカーソル移動が HJKLバインドじゃないと苦痛を感じるレベルまで悪化。
xkeymacs ならぬ、xkeyvim ってググるおっさんがここにいる。

そんなことはさておき。

gVimでC#とかC,C++(Win32 API)のコードを叩いていると、terminal でビルドしたくなります。だけど、おっさんはgVimのshellオプションをWSL(Bash)に変えてあるので、困った、困った、こまどり姉妹になるわけです。

困るので、gVimの複数のオプションを一括変更するだけのコマンドを書く・・・なんか激しく無駄なことをしている気がしないでもないが・・・CMD と WSLを行ったり来たりするにはこれしかない。

" Set CMD 既定値に戻す
function! Fsetcmd()
  set shell&
  set shellcmdflag&
  set shellslash&
  set shellquote&
  set shellxquote&
  set shellxescape&
  set grepprg&

  echo 'change shell to default windows cmd'
endfunction

" Set WSL
function! Fsetwsl()
  let &shell = 'bash'
  let &shellcmdflag = '-c'
  let &shellslash = 1
  let &shellquote='"'
  let &shellxquote = ''
  let &shellxescape = ''
  let &grepprg = 'grepwsl -n'

  echo 'change shell to WSL bash'
endfunction

command! Setcmd call Fsetcmd() 
command! Setwsl call Fsetwsl() 

vimスクリプトで、オプション変数を初期値に戻すにはどう書けばいいのかなぁ・・・???
追記:
オプション変数を規定値に戻すのは set {option}& にすればいいようで・・・ヘルプに書いてますね・・・反省

普段は シェルを wsl-bash にしているので、 :Setcmd とすれば、:termや:shell や :r !hogehoge でcmd.exeを使うデフォルトに戻れる。
こんなアホなことしてんのおっさんだけだよなぁ。。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください