SSDのリプレース

#2019年5月22日 若干追記


長らく使っていた 東芝のHG5dシリーズ、6年ぐらい使ってましたが、今年になってようやく新しいSSDにリプレース。
去年の5月ごろにCPU・マザーボード・メモリを一新してて、マザーボードに M.2スロット2基両方とも空状態なので、迷うことなくM.2タイプのNVMeインターフェイスのSSDを導入し、今まで使ってたSSDをLightroomのカタログ置き場、各種キャッシュファイル、一時ファイルの置き場として再利用することにした。

INTELかSAMSUNGと迷いましたが・・・書込み性能のベンチマークを見て 970 EVO Plusにしてしまいました。最初は500GB版にしようと思ってましたが、TBWが倍の600TBとなっていた 1TB版をチョイス。フツーに使ってて 300TBも使い切ることは、まぁ、ないと思いますが・・・多いに越したことはない💦

さっそく古いSSDからシステムを移行するため、パーティション管理ソフトでパーティション毎コピーしていったのですが・・・これがまた失敗。単純にコピーしただけじゃダメだった。原因はSSDの管理をGPTにしてたのが原因。MBRだとフツーに丸ごとコピーしてWindows10のインストールメディアから起動してMBRを修復すれば普通に移行できると思いますが・・・ググってみるとGPTだと単純にコピーしただけじゃダメみたいですね。

調べる時間ももったいないので、クリーンインストールした。以前からデータは別ドライブにすべて保存してあるので、どうってことない。単純にアプリの再インストールと環境構築がめんどくさいのだが、SSDが爆速のため、アプリのインストールが速い速い。

クリーンインストールなので、Windows10のライセンス買いなおしかな? と思ったけど、マイクロソフトアカウントでログインしたらライセンス認証が自動的に移行された。

この辺、最近のWindows10はライセンス関係全然わかんねーから、一度マイクロソフトアカウントでログインしないとライセンス追加購入しないといけないのかそのまま使えるのかわかんねぇ。。。
1年間限定だったWindows7からの無償アップグレードをそのまま使い続けているものなので、プロダクトキーはWindows7のもののはず。ライセンスとかどうなってんのかなぁ?よくわからない。。。

ってなわけでシステムクローンには失敗したけど、長年溜まったゴミを除去できた、ということで納得しよう。
で、やっぱりベンチマークを取ろう。。。というわけで、

前のS-ATAインターフェイスのSSDだとシーケンシャルRead/Writeで500MB/sぐらい出てましたが、これは6倍近い値が出てます。。。が!、体感上は以前のSSDと殆ど変わりません。システムドライブ上で3GB超のファイルを読み書きすることは個人用途ではまずないと思います。

が、動画編集や高度な科学計算を日常的に行うような特殊用途ではこの速さは武器になるんでしょうねぇ。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください