start的なコマンド


台風の影響で、帰宅命令が発動され、早退してきて急に暇になった。
まぁ、そんなことは兎も角。

ほとんどのcmdやpowershellのようなコマンドプロンプト操作は WSLのUbuntuで済ませられるようになりました!が、内部コマンドの start だけは、コマンドプロンプトに頼るしかない。

cygwinならcygstart的な、wslstart みたいなコマンドが欲しいところ。ググれば github にそのものズバリの wslstart のシェルスクリプトがあったが、スクリプト的なものは使いたくないし・・・だって、他所のパソコン触るとき無いとガッカリするよね。他所様のパソコンに勝手にスクリプトファイル置いたら怒られるよね・・・。

つーか、”start . ” でカレントディレクトリのフォルダウィンドウが開ければそれでいいんですよ。。。。

ってなわけで、alias を一個追加。これなら、覚えられるし、他所のパソコン触るときもチャチャっと書ける。

alias start='cmd.exe /c start'

おいらのパソコンの ~/.bash_alias に追記した。。。

gVim の :terminal から “start .” とかやる。助かる~(^^;;;


#追記 2018/09/17
やっぱり パス変換の判別が欲しい・・・っていう欲求が出てきて、数行のシェルスクリプトをかます事にした。
WSLでのstartコマンド簡易ヘルパー

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください