オプションの超手抜きパース

今日は親戚のお葬式に出席。「生きる」意味って何なんだろうな?と、葬式に出る度にいつも考えてします。まぁ、日々の雑務に追われてすぐ忘れてしまうんですけどね(^^;

そんなことはともかく。

最近、シェルスクリプトを書く機会が多くなってきました。OSにほぼ標準で入っている小さいコマンドを組み合わせて目的の処理を実現するというUNIX?の思想っていうWindowsとは全く相容れない考え方をようやく理解しつつあります(^^;

で、やっぱり最初につまづいてしまうのが、コマンドラインからのオプション引数のパース。
最初は泥臭くshift, if ,case とか駆使しなんとかやってたんですが、もっと効率のいい方法を試行錯誤した結果下記に行きついた。

僕の書くシェルスクリプトの用途ではオプションで指定した値をオプションの名前の変数にそのまま変格納してくれれば十分なので、”-A xxx” みたいなショートオプションは捨て、”–optionA=xxxx” のようなロングオプションだけ対応することで手抜きパースすることにした。

$ parse.sh --opta=xxx --optb=yyy

これをパース。

#!/bin/sh
# parse.sh
#デフォルト値
opta=.
optb=1

#パース
if [ -n "$*" ] ; then
	for arg in "$@"
	do
		eval `echo "$arg" | sed -nr 's/^--(opta|optb)=(.+)$/\1=\"\2\"/p'` 
	done
fi

#確認
for var in opta optb
do
	eval echo $var = \$$var
done

デフォルト値を定義しといて、オプションで得られる値を上書きすることにした。
最初は、”grep -P -o” でオプションを一個づつ食わせてたんですが・・・2重ループになるのでかなり遅い。
で、結局 sed で抽出して eval で手抜きした(^^; getoptってのがあるみたいですが、正直よくわからん。

でも、このコードだとオプションの数が10個も20個も必要な場合かなりダサいコードになるのは、素人まるだし(^^;;;
まぁ、いいや。

コメントを残す