デジタル全盛の中ひっそりと

ひっそりと・・・というのは間違っているかも。電車の中で暇つぶしに読むために買った月カメの裏表紙に富士フイルムから数量限定で発売される、GF670 という銀塩フィルムカメラの広告が載っていた。6×7/6×6の切り替え式のカメラだそうで、なかなか物欲がそそられるカメラです。

銀塩フィルムカメラと銀塩フィルムは、この先も無くならない、というのがほぼ一致した意見だと思いますが、おそらくこれで昔のような儲けが出るビジネスなんてそうそう出てこないと思う。富士フイルムとしては、やめたくても、やめることができない、ジレンマに陥っているんではないかと邪推してしまいます。ここは何らかのブレークスルー的な銀塩フィルムの活用が求められているのかもしれません。

と、言うようなことを、撮影会参加のため大阪に向かう電車の中で思ったりしてました。
で、今日のんのToday’s別カット。

090222_02435

2009/2/22

デジタル全盛の中ひっそりと」への2件のフィードバック

  1. meat のコメント:

    GF670買いたいです(T_T)
    イキオイで買いたいけど、そのイキオイがなかなか出ないです(^_^;)

    最後の一社になれば、儲けは出てくると思うから、なのでコダックが
    早くぶっ倒れてくれないかと願ってるところじゃないでしょうか?(笑)

  2. 勢いで買うには、価格がちとネックですね(^^;;

    インクジェットプリンタのように、
    フィルムと現像代を2~3倍にして、
    カメラの値段を下げればいいのにねぇ・・・。
    富士フィルム一社になればそれも可能?
    既存ユーザーから総スカン喰らうでしょうけど(笑)

コメントは停止中です。